はっするでんたー の 使い方 はっするでんたー の マップ はっするでんたー の あゆみ はっするでんたー の ブログ はっするでんたー の ご利用案内




24日は、山本博司参議院議員事務所を訪問して、山本博司参議院議員と懇談させて頂きました。
山本博司参議院議員は、娘さんが重度知的障害を伴う自閉症であり、当社が開発している、発達障害者の歯科治療の困難を軽減する支援機器、はっするでんたーについても開発当初から、その製品化についても大きく期待をされている方です。



このはっするでんたーは、ご存じの通り、厚生労働省の障害者自立支援機器等開発促進事業の補助事業として、採択をされており、昨年3月11日に厚生労働省の講堂にて行われた機器の一般公開でも、その開発について見学にお越し頂きました。



今回、訪問させて頂いたのは、来月6日と7日に、公益財団法人テクノエイド協会が主催して行われる、障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会」への出展報告と、その交流会のお誘いをさせて頂きました。

今回の交流会は、障害者団体ブースとして、障害者自立支援機器開発促進事業採択企業だけでなく、日本身体障害者団体連合会/全国脊髄損傷者連合会/日本ALS協会/日本盲人会連合/ろう・難聴教育研究会/ろう教育を考える全国協議会/難聴児支援教材研究会/筑波技術大学/全国盲ろう者協会/全日本難聴者・中途失聴者団体連合会/ポリオの会/自閉症サポートセンターなど数々の団体も出展する予定です。
また、開発支援機関ブースとして、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)/NICT(独立行政法人 情報通信研究機構)/JST(科学技術振興機構)/国立障害者リハビリテーションセンター研究所/厚生労働省自立支援振興室なども参加予定。

他にも基調講演や基調報告、現場報告、シンポジウムなども開催される交流会となります。

山本博司参議院議員は「障がい者の自立を促す、支援機器等の開発、また企業間のマッチングや連携はとても重要である。本来医療行為等も含めて、住み慣れた地域で行えることが理想ではあるが、まだまだ社会への理解等も含めて対策が必要なことが多々ある。そういう意味で、このような事業に取り組まれている各企業・団体の皆様の活躍を拝見したい」と言われておりました。

当社も今年度開発を進めた「はっするでんたー for iPad」の日本語版・英語版の展示を行います。
皆様もお時間がありましたら、是非この交流会にご参加下さい。


障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会」
〜作る人と使う人の交流会〜

開催日:平成27年3月6日(金)〜7日(土)
時 間:10:00〜16:00
会 場:TOC有明コンベンションホール4階
主 催:公益財団法人テクノエイド協会
参加費:無料

交流会のパンフレットは下記のアドレスでご覧頂けます。
http://www.techno-aids.or.jp/2701matching.pdf




株式会社マイクロブレイン さいたま市見沼区大和田町1-958-1 KCCビル3-3F

TEL:048-687-9841 FAX:048-687-9716